教育・研究のアイデアをITで実現します。光琳館は、教育・研究支援システム専門の ソフトウェア開発会社です。インターネット教室参加者受付中。

光琳館は教育・研究のアイデアをITで実現します

 弊社のホームページにお越しくださいまして、ありがとうございます。代表の立川と申します。

 弊社は、1991年(平成3年)にApple社のMacintoshコンピュータ専門のソフト会社として私が設立しました。パソコン年表にはちょうどWindows 3.0日本語版発売の年、あるいはHTMLやWWWの発明の年とありますから、まさにパソコンやインターネットが社会に浸透していく歴史と共に歩んできたことになります。

 もともと私は教育に関係する仕事をしておりまして、会社設立前から教育ソフトの作成、あるいは教育ソフト利用を前提とした学習カリキュラムの開発などに携わっておりました。会社設立時にMacintoshを選択しましたのは、当時、学習ツールとして最もふさわしい選択という思いがあったからです。今でも自分の愛機はMacではあるのですが、現在ではクロスプラットフォーム技術も多くの選択肢があり、また何をするにもブラウザ利用が主流となってきている時代ですので、ユーザー様には技術的な問題で煩わしい思いをさせることなく、常に最適な環境でのサービスがご提供できる様になったと、時代の進歩を大変にうれしく思っております。

 弊社では、様々なご縁から多種多様なシステム開発を担当させていただいておりますが、上記のような経緯から、教育に関係するお仕事をもっとも多くいただいております。学習ソフト、学生情報管理システム、あるいは先生ご自身のホームページ作成支援などのお仕事をいただきながら、先生との交流の中で時には教育のあるべき姿について一緒に考えたり等できることに喜びを感じております。

 実際、教育活動の中でパソコンが利用できる場面は多くあります。しかし、パソコンに触れる機会は日常的となった現在であっても、多くの場合は既存の仕組みを利用するのみで、ちょっとした独自の仕組みを追加することで効果が倍増する場面が多くあることは、まだまだご存知でない方がいらっしゃると思います。システム開発といいますと何か大げさな事とお感じになるかもしれませんが、昔と違い、まずは第一歩を踏み出す敷居は大変に低いものとなってきておりますので、まずはご相談していただけますと幸いです。

 弊社の小さい会社ならではの安価で小回りの利く技術が、今後の流動的な世の中の流れとマッチしていくと考えています。密なコミュニケーションと高い柔軟性をキーワードとしたシステム作りをご提案できるよう社員一同とともに一層励んでまいりますので、今後ともご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役    
立川幸男